とりあえずシャッターを押すは、ココロが写らない

写真センスアップ

あなたのココロが本当にいいと思った光景・瞬間を持ってシャッターを押してください。 何となくシャッター押さないことです。今の時代は、シャッターと押しさえすればとりあえず写ってしまいます。 感じてもいないのに、「あれよさそう […]

いいと思ったら納得するまで撮ると、ステキな写真になる

写真センスアップ

ある被写体に魅力を感じたら、納得するまで撮ることが大事です。 私など、魅力的な人物を遭遇したら、走って追いつき撮ります。そして、上手くいい感じにとれなかったら、相手に声をかけて、記念写真風に写真を撮らせてもらいます。 な […]

想像させる写真は、あなたのココロを増幅させる

写真センスアップ

想像させる写真はあなたの伝えたいココロを深めるキーワードです。 例えばあなたが、桜が満開していることに感動して写真を撮ってくるとします。 そして全部入れて撮ってきたとします。 ところが見せても人は感動しません。 なぜか。 […]

写真で説明しようとすると、つまらなくなる

写真センスアップ

大事なことを書きます。写真で説明しようと思わないでください。 写真で説明しようと思うと、どんどんつまんなくなります。 結果、あなたのココロが伝わりません。 なぜか。 見る側の想像の余地がないからです。 また根本的には、写 […]

写真は行為を撮ると、説明的になる

写真センスアップ

人が食事をしている。 神社でおみくじをひいている。 フラミンゴが羽をひろげている。 など、 人・動物の行為には目がいきやすく、よくシャッターを切ることが多いと思います。 が、なぜかつまらない。 それは、行為を説明しようと […]

上手く撮っちゃダメ。おもしろく撮らないと

写真センスアップ

「上手く撮っちゃダメ。おもしろく撮らないと」 この言葉は、師と仰ぐ人から言われたものです。 今、巷にあふれている写真の教え方は、いかに技術を向上させるかというものが大半だと思います。 確かに、最低限度の技術は必要です。 […]

明日を生きる力をもらう写真

写真センスアップ

写真は自己表現です。 あなたの個性を大切にしましょう。 感じたことを率直に撮ることが大事です。 人と似たような写真を撮りたがる人がいたらやめましょう。 上手くとることを目標としないことです。 うまいけど、心がこもっていな […]

ココロ伝えるフレーミングの6個の方法①

写真センスアップ

「フレーミング」は撮影者の感性とセンスの表現できるものです。 どこまでいれるのか、逆にどこを削るのか。 フレーミングは、あなたのココロを伝えるための、必須アイテムです。 特にココロに響いたものだけを、切り取ることから始め […]

ココロを伝えるフレーミングの6個の方法②

写真センスアップ

フレーミングは、見る側に想像をひろげる力があります。 古い土壁が、街の一角にありました。 その土壁に感動したあなたは、どう撮りますか? 隅から隅まで全体を撮ろうとしていませんか? あなたが感動した、シンボリックな所を中心 […]

ココロ伝えるフレーミングの6個の方法③

写真センスアップ

フレーミングはあなたのココロの個性を感じさせる必須アイテムです。 黒猫に遭遇しました。あなたは、黒猫の眼の力に魅了されました。 あなたは、そのとき、黒猫の顔を画面全部に入るように撮っていませんか? あなたは、人・動物の顔 […]

4 / 512345