日本リアリズム写真集団(JRP)奈良支部では、2013年から春と秋の2回、「写真ワークショップinJRP奈良」という写真講座を開催しています。

毎回、JRPとまったく触れ合いのなかった写真家・写真愛好家が多数参加してくださり、盛り上がっています。

この「写真ワークショップ」では、奈良支部会員でプロ写真家の若橋一三さんが「写真の魅力・魅力的な写真とは」「写真の見方・感じ方」「デジタル写真術」など、撮影の基本から写真の考え方まで、多彩な講義をしてくれるのが大きな特徴です。

この講義に感銘した、私・宮崎悦子が、講義内容に加えて自身の写真体験や写真を通して考え感じたことを織り込み、「女性のためのメール写真講座」を作成し開設することにしました。

「写真ワークショップ」での講義内容の転用と、私なりにアレンジし発表することを承諾してくださった若橋一三さんに、心より感謝申し上げます。

 若橋 一三氏 プロ写真家

写真をアドバイスして数十年。
全国をかけまわり、写真の魅力をひきだし発見するプロフェッショナル。

通信社の写真部に勤務し、報道写真に従事すると共に、ドキュメンタリー写真活動を展開。
同社写真部長などを経て退社後、フリー写真家として活動。
JRP会員として、全国公募展「視点」選考委員や実行委員長、写真学校「現代写真研究所」講師などの活動に参画。
2004年、奈良市に転居し写真活動を展開。
JRP理事・奈良支部会員