新鮮な感動をあたえた個性のある写真

こんな話があります。




Bさんは、奈良の撮影スポットではなく、近所などを歩いていて、自分のココロに響いたモノ。




例えば、お地蔵さんだったり、古いバケツ・出会った人たちなどを撮り歩いていました。




思い切って個展を開きました。






最初は、こんな写真みんな見たことないから反応が悪いのではないかと心配していました。






ところが、来場者231人のうち、138人が感想文を書いてくれました。






そして、感想文には「日常の何気ない光景を、独特の視点でとらえており、新鮮に感じました。わざわざ遠くに行かなくても、写真が撮れることがわかりました」と書かれていました。






感想文は、心にグッとこないと書かないものです。




Bさんの感じた個性的なココロは、新鮮なものとして見る人に伝わったのです。






Bさんは、今も元気に写真を撮っています。


この写真は、その写真展のお知らせハガキに使われたものです。


IMG_7133aaa

AUの方はGmailでご登録ください。