技術がステキから、個性がステキになった理由

現在、写真人口がかつてないほどに伸びています。




デジタルカメラの所有数は、8割を超えました。


d7815-192-974506-0
(出典:マイボイスコム株式会社)


また、スマートフォンの所有率も6割を超えました。


idca
(出典:IDC Japan 12/2014)


写真展も盛んに行われる。他にもSNSやブログを通して毎日数十万枚の写真がネット上に飛び交っています。




未曾有の写真時代の到来です。




その中で、写真の求められる中身も変わってきました。




昔は、写真を撮るために様々な技術が必要でしたが、今はシャッターを押しさえすれば、写真が写る時代になったのです。




そのため、今までは技術が高ければ=いい写真と言われていた時代から、




写真に写っている中身がおもしろいかどうか、写真のセンスが問われる時代に移ろうとする過渡期に入ったと私は考えています。




写真のセンス=個性です。




写真に個性が求められる時代になったのです。

AUの方はGmailでご登録ください。